ハーフ系でローズベリーカラコンの14.8はデカい

韓国カラコンにはdiaが14.8mmのというのは珍しくないですよね。
ジルのハニーバニーやシャーベットもそうですし、他にもたくさんとまではいいませんが、探せばどんどん見つかることと思います。
ところがこういう大きいサイズのでハーフ系となるとどうでしょう。そんなに多くないかもしれませんよ。
みんカラカラコンにはキングダム15がありますけど、他にはセシルとかくらいかな知ってるのは。
カラコンに詳しい人はもっと知ってるんでしょうけどね。

ローズベリーのカラバリ見てみよう

ローズベリーって結構自然派ってのも目にするんだけど、ごちゃごちゃしてないというか、分かりやすい印象があります。
自然に可愛くハーフ系という感じかな。
VIVIDシリーズはDIAが14.8mmでHOLLYシリーズはDIAが14.5mmなんですね。
サンドイッチ製法です。
VIVIDに4色とHOLLYに2色というカラバリだけど、ローズベリーにあるのはこれで今のところ全部なんです。
すごくないですか、このこだわり方。変になんでもかんでも売ってないというのに魅力を感じるんだよね。
ローズベリーカラコン画像

さてこうやってローズベリーカラコンを見てきましたが、価格の面から見ていきます。

価格は今のところ5,000円弱ですが、この価格をどう考えるかですね。韓国カラコンの中にはこれより高いのもありますし、激安なのも存在します。ですので、高いと思うか安いと思うかは人による価値観の部分もあるでしょう。

私としては、さらに送料がかかることを考えると高いほうだなと感じますが、それでも魅力を感じて欲しいと思わせる中身かなと感じます。やはりものの価格というのは、単純に比較できないところもあるのではと考えさせられます。

もし類似商品が多数あるなら、やはり他のも検討となるのですが、モデルさんのレポにしてもこの大きさにしても、他にはない素敵な点がたくさんあるからその価値を感じるのではないでしょうか。もちろん、ローズベリーより安いハーフ系をチェックするのもいいですが、装着感などは着けないことには分かりません。1年使用というのも嬉しい点ではないでしょうか。