韓国カラコンだからこその魅力

今年も早いものでもう3月になりました。2013年も何かとあわただしい一年でしたが、今年入ってからは特に急がしさもあってかあっという間にすぎていきます。もう少し毎日を充実したものにしたいところです。

さて今回は韓国カラコンのことを書いていってるわけですが、ほかにもファッション系のことは何でもいいので書いていこうと思ってます。日記みたいなものですから。

韓国カラコンというとどうしても危険とかそういうイメージになりがちですが、カラコンなんてどれも怖いもんだと思っておいたほうがいいんでしょうね。だって目につけておくということは酸素を通しにくいでしょうし、無理なつけ方、特に長時間装用とかしてると目の負担がすごいことになりそうですからね。

まあそれでもオシャレのためにと着けるのだから、楽なことはありません。お手入れもしないといけないし、眼科にも行かないといけないし。体に悪いものだけど食べてしまう感覚と一緒かなと思ったりします。

そんな頻繁には更新できませんが、たまにでいいので日記を書こうと思います。

韓国カラコンは「みんカラ」とかも分かりやすい

あまり考えるの好きじゃないから分かりやすい「みんカラ」みたいなのが好きなの。
直径16mmで盛れるよってシンプルに言われると欲しいってなるのね。

みんカラキングダム15が16mm

もし普段着けてるカラコンがそれほど大きくないナチュラル系なら、みんカラカラコンkingdom15をつけたら驚くかもしれません。直径もデカイしデザインも3トーンハーフ系ですからね。

みんカラカラコンキングダム15の人気が続く理由

カラコンをつける人の希望、理想はみんなそれぞれ思うところがあるでしょう。
本の少しでいいから黒目を大きくしたい。会社なり学校なりで付けるならそう思う人も多いでしょう。
じっくり近くで見ると分かるけど、ちょっと離れるとカラコンを付けてるのが分からないというくらいのサイズとデザインを求める。
逆に、ちょっと離れててもはっきりカラコンだと分かる。そしてわかった上で可愛いな、オシャレだなって思われるようなのが理想とする人もいます。
私としてはどちらもうまく場所に応じて使い分けたいのですが、みんカラカラコンキングダム15の場合は明らかに後者になるでしょう。
仕事柄、普段から着けてても大丈夫な人には特に人気かと思います。

カラコンの見た目の判断におきましては、直径とデザイン、この2つで大方決まります。ほとんどこれで決まるといっても言い過ぎではないでしょう。
小さいサイズのレンズを探すのはそれほど大変ではありません。
まずサイズは小ぶりなのにして、ブラウン系を選んでおけばだいたい大丈夫でしょう。
では派手で印象の残るようなタイプはどうやって選ぶかです。

キングダム15の場合は着色直径が16mmということで、それだけで大きそうという印象もあるでしょう。diaにしても結構な大きさです。
キングダム9やキングダム17もありますが、よりインパクトを求める人は15がもってこいなんだと思います。
人気が今になっても続くというのは、恐らくリピートが多いからだと考えます。私の憶測ではありますけどね。

みんカラカラコンkingdom15は最大級直径16mmがスゴイ

盛れるデカ目が多い韓国カラコンといえども、みんカラカラコンkingdom15ほど有名なのはそれほど多くないのではないででしょうか。

着色直径16.0mmということはもちろんですが、3トーンだから、インパクトもあります。
ヘーゼル・ピュアヘーゼル・ブラウン・グレー・グリーンの5色ですね。

1年使えて価格も手頃。
16mmカラコンを着けたことがない人にもおすすめかも。

みんカラカラコンkingdom15に見る16mmハーフ系

きっと憧れもあるんでしょう、ハーフ系カラコンはやっぱり人気があると思います。会社や学校に着けていける人がどれくらいいるかは分かりませんが、なかなかそういう環境の人のほうが少ないかもしれません。
ですので、パーティーだったりイベントだったり、ある程度自由がきくバイトだったりの時に着けるイメージがあります。
すっぴんにあわそうというのは無理があるかもしれませんので、モデルさんのブログなどを参考にメイクや髪型をkingdom15に合うようにアレンジしてみたいものです。
diaが14.0mmとかのハーフ系も発売はされていますが、そういう小さいレンズと比較してもやはり印象の変化はすごいことになるでしょう。
もちろん、大きいということはそれだけ目の負担が増すことが予想されます。
1年使用というのは決してそれだけの期間装着が可能というだけであって、必ずという意味ではありません。
長期使用だからこそ、目のケアを深く考えていきたいものです。